ナイソデヲフル

無い袖すらブンブン振る。

「YAMAHAめっちゃ燃費いいやん!」

f:id:takahashishun:20150727220610j:plain

 

こんにちは。暑い日やら大雨やら色んな日が続いてますがいかがお過ごしでしょうか。ぼくは早寝早起きのおじいちゃんみたいな生活を満喫しております。

 

さてさて、冒頭の

 「YAMAHAめっちゃ燃費いいやん!」

は昨日行われた鈴鹿8時間耐久ロードレース(TVにて鑑賞)の一幕でレポーターの人が言うてはった言葉です。

 

はい、ぼく実は鈴鹿8耐初めて見ますし、いろはのいの字も分かりません。結果は下記の記事を読んでいただけたらよく分かるかと思います。

 

 

そこで、今回はド素人が書く鈴鹿8耐とはなんぞやって話と、ド素人が気になったあれこれを書き連ねようと思います。

 

 

目次

 

 

 

 

 

 

鈴鹿8耐とはなんぞや。

 

 鈴鹿8耐は、1978年から鈴鹿サーキットにて毎年夏に開催されている日本最大のオートバイ耐久レースで、今年で38回目の開催。
8耐は1台のマシンを、2名または3名のライダーで乗り継ぎ、8時間という限られた時間内で、どれだけ長い距離を走れたかを競うレースです。優勝するためには、通常の耐久レースで用いられるペースではなく、スプリントレースなみの速さと安定性が求められます。(鈴鹿8耐独占生中継! | BS12 TwellVより引用)

 

耐久レースには他にも4時間とか、なんと24時間もあるそう…。耐久レースだからこそ、完走することに大きな意味があるそうです。

 

ピットでなにすんの?

ひとまず下の動画を見てみれば雰囲気はつかめるんじゃないかと。

 

 

 

このように、前後のタイヤ交換・給油をものの10秒弱で行っています。メカニックの方々かっこいい…。

 

ちなみに耐久レースでは上記に加え、ライダーの交代が行われ、限られたわずかな時間のなかでレース状況をライダー同士で伝えるチームが多く見られました。また、破損が大きな車体に対してはピットガレージ(※)にまで持ち込んで、カウルの脱着等を行う姿を見る事ができました。(今回であれば、チームグリーン等)

初めて見た8耐ではド素人にも、10数秒のピット作業中にドラマが感じられました。また、どのタイミングで給油・タイヤ交換を行うのかという頭脳戦も大きくレースに影響を及ぼします。

 

※ピットガレージ

http://livedoor.blogimg.jp/ds_brog/imgs/7/7/77be11b2.jpg

(2りんかんブログ:モテ耐公開練習とアライRR5特価品のご紹介 - livedoor Blog(ブログ)より引用)

 

 

 

セーフティカーって

セーフティカー(safety car)とは、モータースポーツにおいて、マシンがコース上でクラッシュし、路面に脱落したパーツやその破片が散乱、またはマシン本体がコース上に止まっている場合、散乱したパーツによる損傷や二次クラッシュを防ぐ目的でレースを先導する車のことである。大雨などの荒天のときも、レースを先導することがある。(Wikipediaより引用)

 

例年のセーフティカーの出動回数は分かりませんが、昨年の4回に比べ今年は6回も出動していました。また、セーフティカーの出動時には以下の制限があります。

 

競技車両は、先行車がトラブルでスローダウンした場合などのやむをえない場合を除き、一切の追い越しが禁止されている。(同上)

 

つまり、セーフティカーがレース車よりも遅いという条件もあり、自分の真後ろにセーフティカーが出動した場合とてつもなく有利になります。また、セーフティカーの出動から退却までの時間も状況によってまちまちなので、セーフティカーの出動時にピット作業を行う作戦もあるようです。セーフティカーの出動もレースに大きく関与しますね。

 

日立オートモティブシステムズシケイン

はい。この声に出したい感じだけで今回書きました。

 

これです。

http://tentohmushi21.com/wp-content/uploads/2014/11/4c434ba36c0d2dcb88151f684081feff.jpg

 

ここにあります。

 

f:id:takahashishun:20150727234744p:plain

 

そもそもシケインってなんぞやなのですが。

 

シケイン(chicane)とは、モータースポーツや市街地などおいて通行速度を減速するために設置される構造物である。(Wikipediaより引用)

 

つまり、“日立オートモティブシステムズ”が命名権を獲得したシケインだということです。やからどうしたねん。って感じですけど、ただ口に出したい言葉だったから調べただけです…。

 

 

 

以上のように(?)、ド素人でも大いに楽しめた鈴鹿8耐でした。今度は実際に見に行ってみたいなー。