ナイソデヲフル

無い袖すらブンブン振る。

野心のすすめ/林真理子

 

 

f:id:takahashishun:20150614232155j:plain

 

こんにちは、21歳大学4年生でかつてないほど勉強が楽しいと感じてます。

 

現在は自分の専門分野(農業経済・経営)の勉強と並行して英語(リスニング・リーディング)の勉強、合間の息抜きに読書しています。

そこで、今回は息抜きで読んだ本について書き記そうと思います。

 

 

 

『野心のすすめ/林真理子』 

 

 

お世辞にも自分には野心の”や”の字もないのですが、自分に欠けてるものであったり自分の対極にあるものに触れるのもいい経験だと思ったので手を取った次第です。

 

本書で林真理子さんが提起している問題とは近年「低め安定の人々」、いわゆるが「野心の希薄な人々」が多すぎるのではないかと。

その背景には景気の低迷ももちろんありますが、それ以上に「とりあえず食べていくことはできる、まだまだ簡単に飢え死にはしない世の中」が大前提にあると指摘されています。

 

そのような問題・現状を踏まえ、本書では林真理子さん自身の体験を通して一般的にイメージされる”厚かましく、身の程知らずな野心”ではなく”もっと価値のある人間になりたいという野心”のすすめを説いています。

 

 以下、わたしが納得したところを抜粋。

 

1.野心とお金

母はよく、「貧乏って、消極的になるから悲しい」と言っていましたが、その通りではないでしょうか。お金がないと、どうしても行動範囲が限られてくる。

(略)

たとえば、ヴェネツィアサンマルコ広場に一度は自分の足で立ってみたいとか、アムステルダムの美術館でフェルメールの絵を直にこの目で観てみたいとか、屋久島の縄文杉を拝みたい、と思い立ったときにすぐに行けるお金があるかどうかということは、その人の生き方に関わってくる問題だと思うのです。(pp.60−61)

 

この一節は、野心の実行に欠かせないお金についての話です。

 経済的自立をしていない私にとって、あらゆる場面でお金について考えるのですが、この”選択肢を広げる意味でのお金”という考え方には深く頷きます。

 

 

2.野心の副作用

 野心には飢餓感という副作用がありますから、野心など持たず、ヒリヒリするような気持ちを味わうこともない、低め安定のまま穏やかな日々を過ごせるほうがいいと考ええる人もいるでしょう。(略)ひとつ何かを手に入れると、もっと幸福になりたいから、必ずまた別の何かが欲しくなる。(略)野心を持って努力し続けるのは、本を読むことにも似ています。本を読み始めると、自分はどれほど無知なんだろうとか、この分野を知らないのはまずいなぁとか、この先また別の本を読んでみたいなと思う。(pp.189−190)

 

ここで林真理子さんは野心を持つことの功罪として”副作用”を取り上げていますが、この例のような”知的な飢え”こそ野心をもつことの楽しさなのではないかと思います。飢えが新たな野心を生むというか…。

 

 

本書を読んで野心について知るとともに、自らの野心を省みました。自分にとっての野心とは”なにかを実行するための大きなモチベーション”に換言できると思います。

 

最近、いつにも増して勉強が楽しいと感じるのは農業分野を通して自分の地元に貢献したいっていう”野心”を抱えているからなんじゃないかな、と納得した次第です。

 

ナイタイ高原牧場に行ってきたよ

※今回の写真は一部に黒いもやがかかっています。お見苦しいですが、そういう仕様です。そう、iPhoneならね。

 

f:id:takahashishun:20150525202611j:plain

 

こんにちは。

 

日本で一番広い牧場に行ってきましたよ。

風めっちゃ強かったけどな!

 

 

あ、もちろんひとりです。(定番)

 

ルートはこちら。

 

 

ルート上は目的地がナイタイ高原牧場ではなく道道806号線となっていますが、上記地図上の目的地よりナイタイ高原牧場レストハウスまでは一本道で行けます。

 

ナイタイ高原頂上にあるレストハウス

 

 

 

突然ですが、ナイタイ高原のいいところ

 

1.広い。とにかく広い。

 

f:id:takahashishun:20150524115404j:plain

 

なんせ日本で一番広いですから。見渡す限りの牧草のどこに寝転がってもいいんです。誰にも邪魔されずに、だらだらできます。

 

2.牛がいる。

f:id:takahashishun:20150524114117j:plain

 

なんせ牧場ですから。

 

もはや牛になりたい。 

 

3.レストハウスまでの道のりが心地いい。

どういうことかというと、レストハウスは頂上に位置するわけなのですが、そこまでの一本道が緩やかなワインディングロードなんです。これは、バイク乗ってて良かったなーと思える一瞬だったんですけど、つまるところカーブを曲がる楽しさと上りから平坦な道に変わる瞬間の開けた景色など、全身で北海道らしさを感じられます。正直、この一本道だけでも車載動画を撮影する動機になりえます。

 

4.レストハウスのカルビバーガー的なのがおいしい。

f:id:takahashishun:20150525210242j:plain

 

メニューの写真とは似ても似つかないんですけど、これはぼくの取り方が悪いんですよ…多分。

ただカルビはもちろんのこと、バンズがふわふわしてておいしい。

 

 

レストハウスに人が増えてきたので、帰路につきます。

 

あ、ツーリング行ったらソフトクリーム食べなあかん!

っていう謎の使命感がでてきたので、帰り道に柳月のスイートピアガーデンに寄りました。

 

 

f:id:takahashishun:20150524133641j:plain

 

 

f:id:takahashishun:20150525210727j:plain

 

抹茶えらんどけば間違いない。

 

 

というわけで、今日も無事に家路につきました。

 

 

 

 

 

戦利品

f:id:takahashishun:20150524205845j:plain

 こいつ、抹茶ばっかやな。

 

情熱大陸(画家:山口晃さん)を見て

 

f:id:takahashishun:20150518215641j:plain

 

こんにちは。

 

晩御飯(ミョウガの炊き込み御飯!)を食べながら録りためてた情熱大陸(5/17放送分)を見てました。

 

 

捉えどころがない人で、イベントで絵を即興で描く一面もあれば、個展用の絵が個展に間に合わない程の遅筆な一面も。

絵の中に小洒落た言葉遊びが見えたかと思えば、絵の中に自らの業を落としこんだり。

一貫性がないような人というよりかは、山口晃という人としての一貫性は通しているんやろなーっていうごく抽象的な感想を抱きました。

 

そういえばこの人どっかで…

 

あ、この人JOJOmenon荒木飛呂彦と対談してた人やん!

 

 

f:id:takahashishun:20150518215925j:plain

 

本書の対談記事”山口晃荒木飛呂彦 筆とペンのはなし”にて

山口晃ジョジョの内容・技法にて鋭い考察を荒木飛呂彦にぶつけてて、本人から「鋭い!」とのお墨付きを得ている。

 

情熱大陸放送分とは違った一面も見えたあたり、何の気なしに読み返してみてよかったよかった。

兵庫から北海道へ

 

f:id:takahashishun:20150430135025j:plain

 

こんにちは。

 

もう一週間前になるんですけど、実家の兵庫から大学のある北海道は帯広までバイクをフェリーにのっけて戻りましたよー。

 

ルート的にはこんな感じ。

 

 兵庫→舞鶴港

 

小樽港→(夕張より高速)→帯広

 

 

バイクに乗り出してまだ2週間も経ってなかったのに、フェリーにも乗れて満足満足。それにしても、GW終盤に乗ったので北海道ナンバーの大型バイクばっかでしたね。

 

あふれるアウェー感…。

 

でも、バイク乗りってだけで、しゃべりかけるハードルが低くなるのはすごいうれしいもんです。

 

小樽港に着いたのは夜の9時くらいでそこからオール下道で帯広まで戻ろうとしたんやけど、気温10度以下でバイク乗ったらあかんってことを身をもって体感したんで、夕張で下道は断念して高速で帰りましたね…。

 

Ninjaは神戸ナンバーなんですけど、占冠のパーキングエリアでバスの運転手のおっちゃんにも「兄ちゃん!神戸からか!」って声かけてもらえるし、色々楽しい道中でしたとさ。

慣らしツー #西山酒造

 

 

 

f:id:takahashishun:20150428115316j:plain

 

わんわん、こんにちは。

 

段々運転には慣れてきましたが、未だに右左折のシフト選択が鬼門です。

やっぱり、クラッチ切らずに2速とかで走るのがベストなんですかねー?

 

というわけで、今回も慣らしで行ってきました『西山酒造場

清酒の”小鼓”が全国的に有名ですね。

 

ルートはこちら。

 

 

 

 

峠を通ると自分の運転の不安定さを痛感するなー。

片道およそ30km走って、着いた!

 

 

f:id:takahashishun:20150502160755j:plain

 

店構えから歴史を感じる作りになってます。

店内は清酒、焼酎、リキュール等がディスプレイされており、店員さんに頼めば試飲させてもらえます。今日は母と姉が深山ぶどうを試飲してました。えらく飲みやすかったそうで、甘いぶどうの香りだけで美味しいと分かるお酒です。買いや!

 

あとは、大学の先生へのお土産で泡梅上(ほうばいしゃん)も購入しました。

 

 

それにしてもパッケージのひとつひとつがきれいで一目で西山酒造だと分かるデザインです。

 

 

f:id:takahashishun:20150502155152j:plain

 

 

パッケージデザインの一部はこちらから見られます。

西山酒造場 » デザイン

 

今日もいい慣らしができました。ほな、深山ぶどう飲もー。

 

 

 

思い立ったら六甲へ

 

ーPM10:00ー

 

友人A「久しぶりに車の運転したい、どっかドライブ行くぞ。夜でも入れるような公園行くぞ、ええとこないか?」

 

 

ということで、その後友人B、Cを拉致してやってきました。東六甲展望台。

 

 

ルートはこう!

 

 

 

 

 

夜の11時に

 

公園でもない

 

カップルの巣窟である展望台に

 

男4人で  

 

 

f:id:takahashishun:20150502000851j:plain

 

 

 

 やってきました。

 

 

  

うん、きれい…きれいやけど欲をいえば女の子と来たかったかな。

 

 

さーて、片道1時間かけて帰るかー。ともならないのが深夜テンションの怖さ。

 

友人B「海見ようや。」

 

よし、ルートはこれや!

 

 

 

 

 

やってきました。神戸ハーバーランド

 

 

f:id:takahashishun:20150502012156j:plain

 

 

山あいのド田舎出身のぼくは海を見るとテンションが上がります。

 

 

うん、きれい…きれいやけど欲をいえば女の子と来たかったかな。

 

 

ーPM2:00ー

 

 

ええかげん帰ろっか。

 

 

本日の教訓

 

 

何を見るかも大切やけど、誰と見るかはもっと大切

 

 

 

 

帰ってきたらカフェドふくむらへ

 

 

 

f:id:takahashishun:20150501143128j:plain

 

 

わんわん。

4/25から実家のある兵庫県へ絶賛帰省中です。

帰省してきたときは絶対に行くのが…

 

 

ココ!

 

 

 

 

篠山市のお隣は丹波市にあるカフェドふくむら

詳しくはこちら(カフェドふくむら - 石生/ケーキ [食べログ])を参考に…。

 

ふくむらはメニューの回転が早いんで、行くたびに新しいのを食べれるんがええとこです。

 

ちなみに今日食べたのは…これだ!

 

f:id:takahashishun:20150501165445j:plain

 

抹茶ティラミス/アイスカフェオレ

 

ちなみにケーキ奥に見えるのはサービスでついてくるソフトクリームですね。

メニューに"抹茶"ってついてるだけでそれ頼んじゃうくらいには抹茶好きなんです。

抹茶はうまい。このティラミスもご多分にもれず…うまい!クッキー生地を含めてね。

 

やっぱり帰省の定番は外さへんなー。